くらてさん撮影 2021年4月3日、SL人吉号客車を使用した団体臨時列車が博多〜門司港間で運行されました。牽引機はDE10-1638とDE10-1209で前後に連結されました。この団体臨時列車は、鹿児島本線開業130周年を記念した「SL人吉の客車で巡る歴史とおもて...

【JR九】SL人吉の客車で巡る歴史とおもてなしに触れる旅

2021年4月3日、SL人吉号客車を使用した団体臨時列車が博多〜門司港間で運行されました。牽引機はDE10-1638とDE10-1209で前後に連結されました。この団体臨時列車は、鹿児島本線開業130周年を記念した「SL人吉の客車で巡る歴史とおもてなしに触れる旅」というツアーで、JR九州が企画したもので、復路の門司→陣原間では貨物線経由で運行されました。

コメント

承認済みのコメントはありません。

なお、審査末完了のコメントがあっても、ここには掲載されません。投稿後審査には数日程度かかります。

コメントを書き込む

ログインすると名前、メールアドレスの入力が不要になります。ログイン