キイロイトリさん撮影 2020年5月7日、西宮車庫所属(伊丹線)の3000系・3054F(4両編成)が廃車の為、西宮北口ー十三ー正雀のルートで回送されました。
3054Fは、2020年2月3日の伊丹線での運用を最後に、阪急電鉄3000系の運行を終了、引退となり、翌日の2月4日...

【阪急】最後の3000系 3054Fが廃車回送

2020年5月7日、西宮車庫所属(伊丹線)の3000系・3054F(4両編成)が廃車の為、西宮北口ー十三ー正雀のルートで回送されました。 3054Fは、2020年2月3日の伊丹線での運用を最後に、阪急電鉄3000系の運行を終了、引退となり、翌日の2月4日から西宮車庫にて休車となっていました。 また3000系は、1964年(昭和39年)に誕生し、同系列の3100系と共に、神戸本線と宝塚本線をはじめ今津線・伊丹線・甲陽線・箕面線での大いなる活躍をして来ました。今回の廃車回送で、正雀工場に於いて登録を抹消された時点で、約56年近く阪急電鉄を支えて来た名車、3000系の形式が消滅することとなります。

【阪急】最後の3000系 3054Fが廃車回送
約56年という半世紀、阪急電鉄を支えて来た3000系の姿も見納めとなります。
 キイロイトリ

一番下へ移動する

コメント

承認済みのコメントはありません。

なお、審査末完了のコメントがあっても、ここには掲載されません。投稿後審査には数日程度かかります。

コメントを書き込む

ログインするとハンドルネーム、メールアドレスの入力が不要になります。ログイン