logotitle

【東急】7000系7111F+7113F+7115F 甲種輸送

2018年9月25日、J-TREC横浜事業所で製造された東急7000系7111F・7113F・7115Fの3両編成3本が逗子→新鶴見信号場→八王子(横須賀線・高島貨物線・武蔵野貨物線・南武線・中央線経由)で甲種輸送されました。逗子駅から新鶴見信号場まではDE10 1662、新鶴見信号場から八王子まではEF65 2050が牽引しました。なお今回の増備で7000系は15本が揃い、7700系は2018年11月23日の雪が谷検車区で行われる「7700系さよなら列車セレモニー」をもって東急からの完全引退が予定されています。

【東急】7000系7111F+7113F+7115F 甲種輸送
雨の根岸線を行くDE10 1662牽引の甲種輸送
 快速急行副都心線

この記事は6769回アクセスされています。[2019年2月19日3時51分現在]

<<【JR東】E231系ミツA522編成 東京総合車両センター出場
【湘モノ】5603Fに「ウッパータール空中鉄道・湘南モノレール姉妹懸垂式モノレール提携記念」仕様>>
ホーム > ニュース > 東急のニュース > この記事