logotitle
【JR東】E231系ミツB31編成4両大宮総合車両センター出場回送

2018年8月3日、三鷹車両センター所属E231系B31編成4両が大宮総合車両センターを出場し、大宮→東大宮→豊田→三鷹の経路で回送されました。

なお、E231系B31編成は8月2日の時点では、大宮総合車両センターセンター内にて、余剰となったサハ4両連結の8両編成となり、構内にてEF64-1032と連結訓練を行っていました。今回ミツB31編成のうちクハE230-31とモハE230-61の間に連結されたのは、サハE231-25+サハE230-9+サハE231-37+サハE230-13の計4両で、元ミツB9編成と元ミツB13編成からそれぞれ2両ずつ抜かれた形となっていました。

【JR東】E231系ミツB31編成4両大宮総合車両センター出場回送
半自動ドア未設置でカナリアイエローのまま4両編成で出場し、動向が注目されていたミツB31編成。6ドアの連結位置にも注目。
 快速急行副都心線

(記事更新者:Nanohana)

-0001年11月30日0時00分追加


間違いを指摘する

この記事は4802回アクセスされています。[2018年8月16日9時51分現在]

<<【JR東】205系ケヨM28編成車輪転削回送
【JR西】DD51-1186が新山口へ回送>>
ホーム > ニュース > JR東のニュース > この記事