logotitle
まとめトライアル【JR貨】西濃運輸一部貸切貨物列車の運行開始

2018年5月7日より、吹田貨物ターミナル〜郡山貨物ターミナル〜仙台港間の往復で、一部貸切の貨物列車の運行を開始しました。当面の間は5両で、最終的には20両の1列車貸切にて運行されるようで、専用の私有コンテナも用意されているようです。目的はドライバー不足による労務問題の対応とCO2排出量削減の模様です。9日には出発式も開催されました。

うち5両が西濃運輸の貨車になっている2059レ




(記事更新者:Nanohana)
Twitterまとめ記事はトライアル中です。ご意見をお待ちしております。

2018年5月10日22時05分追加


この記事は4734回アクセスされています。[2018年10月19日7時51分現在]

<<【東武】100系108Fに栃木DCロゴマーク貼付
【JR海】キハ75-4/104名古屋工場出場試運転>>
ホーム > ニュース > JR貨のニュース > この記事