logotitle
【JR東】E233系ナハN36編成(元トタ青670編成) 大宮総合車両センター出場
【JR東】E233系ナハN36編成(元トタ青670編成) 大宮総合車両センター出場
列番表示位置や電連など8000番台とは異なる顔つきとなった8500番台N36編成
 こけし

2016年2月13日、昨年11月より大宮総合車両センターに入場していたトタ青670編成が南武線への改造が行われ、新たな所属先となる中原電車区へ回送されました。今回の青梅線からの南武線転用改造で8500番台へと改番され、編成は川崎方よりクハE233-8570+モハE233/E232-8570+モハE233/E232-8770+クハE232-8528となり、LCDが16:9に換装されました。一方で半自動ドアスイッチは未撤去、座席は青梅線仕様の暖色系のもの、電連末撤去など、0番台時代の面影か残る差異が見られます。同編成は3月15日より営業開始となります。

(記事更新者:水沢江刺)

2017年2月13日22時35分追加


<<【箱根】モハ2型 110号 営業運行終了
【JR四】2600系甲種輸送>>
ホーム > ニュース > JR東のニュース > この記事