アニ鉄⊿さん撮影 2016年9月8~11日に、川崎重工で製造された西武鉄道40000系40101Fが兵庫(川崎重工)→新秋津間で甲種輸送されました。40000系は座席の向きが変化し、電源コンセントやトイレを装備するなど、地下鉄直通から行楽輸送まで幅広く運用され...

【西武】40000系40101F 甲種輸送

2016年9月8~11日に、川崎重工で製造された西武鉄道40000系40101Fが兵庫(川崎重工)→新秋津間で甲種輸送されました。

40000系は座席の向きが変化し、電源コンセントやトイレを装備するなど、地下鉄直通から行楽輸送まで幅広く運用される車両となります。牽引機は、兵庫→吹田信間がDE10-1192、吹田信からはEF66-115、横浜羽沢からはEF65-2074でした。また西武線内の新秋津→小手指間は263Fが牽引しました。



コメント

承認済みのコメントはありません。

なお、審査末完了のコメントがあっても、ここには掲載されません。投稿後審査には数日程度かかります。

コメントを書き込む

ログインすると名前、メールアドレスの入力が不要になります。ログイン