白黒さん撮影 9月8日から9日にかけて、川崎重工にて製造されたE721系2両×5編成(P40~44編成・計10両)の甲種輸送が、兵庫→仙台間で行われました。牽引機は、吹田(信)→新鶴見(信)がEF200-19、新鶴見(信)→黒磯間が新鶴見機関区所属EF65-1092、...

【JR東】E721系センP40+41+42+43+44編成 甲種輸送

9月8日から9日にかけて、川崎重工にて製造された
E721系2両×5編成(P40~44編成・計10両)の甲種輸送が、
兵庫→仙台間で行われました。
牽引機は、吹田(信)→新鶴見(信)がEF200-19、
新鶴見(信)→黒磯間が新鶴見機関区所属EF65-1092、
黒磯→仙台間が仙台総合鉄道部所属のEH500-60でした。


一番下へ移動する

コメント

承認済みのコメントはありません。

なお、審査末完了のコメントがあっても、ここには掲載されません。投稿後審査には数日程度かかります。

コメントを書き込む

ログインするとハンドルネーム、メールアドレスの入力が不要になります。ログイン