赤電さん撮影 2022年8月31日より、7500形7503編成に「沿線活性化トレイン」ラッピングが取り付けられ運転されています。掲出は2023年2月28日までの予定です。北総線沿線の自治体市川市、船橋市、松戸市、鎌ケ谷市、印西市、白井市、千葉県と北総鉄...

【北総】「沿線活性化トレイン」ラッピング開始

2022年8月31日より、7500形7503編成に「沿線活性化トレイン」ラッピングが取り付けられ運転されています。掲出は2023年2月28日までの予定です。北総線沿線の自治体市川市、船橋市、松戸市、鎌ケ谷市、印西市、白井市、千葉県と北総鉄道で構成する「北総線沿線地域活性化協議会」の事業として、地域の魅力発信に資するオリジナル広告を作成して、車体外板へのラッピングおよび車内広告スペースに掲出されました。8月31日には、「沿線活性化トレイン」のスタートを記念して、印西牧の原駅において「出発式」を実施し、印西牧の原から新鎌ヶ谷までを臨時列車として片道のみ営業運転しました(復路は回送)。会社創立50周年記念のヘッドマーク電車は2本目となります。


〜参考リンク〜
7500形7503編成(7503F)の編成データ

一番下へ移動する

コメント

承認済みのコメントはありません。

なお、審査末完了のコメントがあっても、ここには掲載されません。投稿後審査には数日程度かかります。

コメントを書き込む

ログインするとハンドルネーム、メールアドレスの入力が不要になります。ログイン


鉄道ニュース




ニュース移動