えぬさん撮影 2021年12月26日、アルピコ交通の新型車両20100形が改造元の京王重機から搬出され陸送で長野県入りしました。元東武鉄道20000系列の中間車(モハ24803+モハ25853)を先頭化したもので見える範囲で運賃箱やLCD・半自動ボタンの設置等が...

【アルピコ】新型車両20100形(元東武20000系列)が京王重機から搬出・陸送

2021年12月26日、アルピコ交通の新型車両20100形が改造元の京王重機から搬出され陸送で長野県入りしました。元東武鉄道20000系列の中間車(モハ24803+モハ25853)を先頭化したもので見える範囲で運賃箱やLCD・半自動ボタンの設置等が確認できます。2021年度は1編成2両を譲受し、2022年3月に営業運転開始予定です。



〜参考リンク〜
【東武】モハ24803とモハ25853が京王重機へ陸送
【鉄道】鉄道車両の譲受について

一番下へ移動する

コメント

承認済みのコメントはありません。

なお、審査末完了のコメントがあっても、ここには掲載されません。投稿後審査には数日程度かかります。

コメントを書き込む

ログインするとハンドルネーム、メールアドレスの入力が不要になります。ログイン


鉄道ニュース




ニュース移動