重連総括さん撮影 2021年10月25日より、釧路運輸車両所所属となるH100形12両(H100-58+H100-59+H100-60+H100-61+H100-62+H100-63+H100-64+H100-65+H100-66+H100-67+H100-68+H100-69)が、兵庫→釧路間で甲種輸送されています。(兵庫→神戸貨物ターミナル間...

【JR北】H100形12両(H100-58~H100-69)甲種輸送

2021年10月25日より、釧路運輸車両所所属となるH100形12両(H100-58+H100-59+H100-60+H100-61+H100-62+H100-63+H100-64+H100-65+H100-66+H100-67+H100-68+H100-69)が、兵庫→釧路間で甲種輸送されています。(兵庫→神戸貨物ターミナル間は6両ずつ輸送)。同車は川崎重工で製造された車両で、釧路地区のキハ40系を置き換えます。

牽引機は吹田貨物ターミナルまでがDE10-1561、吹田貨物ターミナルから青森(信)までがEF510-2の予定です。


一番下へ移動する

コメント

あっかん
2021年10月27日21時01分
乗り心地は、電車と同じ。 ただ、ちょっとエンジン音がする。 昔の寝台列車の電源車の次の車両に乗ってると思えば伝わるかな?
津軽桜
2021年10月28日4時10分
この甲種輸送 H100形12両 青森(信)から五稜郭機関区まではEH800-15です。

コメントを書き込む

ログインするとハンドルネーム、メールアドレスの入力が不要になります。ログイン


鉄道ニュース




ニュース移動