てんの〜だいさん撮影 2021年10月24日より、日本車両で製造された京成3100形3155編成が豊川→越谷貨物ターミナル間で甲種輸送されました。豊川から西浜松まではDE10-1557が、西浜松からはEF65-2101が牽引しています。なお、京成電鉄車が日本車両で製造される...

【京成】3100形3155編成甲種輸送

2021年10月24日より、日本車両で製造された京成3100形3155編成が豊川→越谷貨物ターミナル間で甲種輸送されました。豊川から西浜松まではDE10-1557が、西浜松からはEF65-2101が牽引しています。

なお、京成電鉄車が日本車両で製造される場合、逗子経由(総合車両製作所横浜事業所で台車交換)が基本でしたが、今回は越谷貨物ターミナルに向かっており、その後陸送されるものと思われます。



〜参考リンク〜
【京成】3100形3155編成が性能確認試運転を実施

コメント

承認済みのコメントはありません。

なお、審査末完了のコメントがあっても、ここには掲載されません。投稿後審査には数日程度かかります。

コメントを書き込む

ログインするとハンドルネーム、メールアドレスの入力が不要になります。ログイン