。さん撮影 2021年9月28日、兵庫川崎重工業で製造されたEF210-336が兵庫→神戸(タ)間で甲種輸送されました。 岡山機関区所属のDE10-1561が牽引し、その後、EF210-336は神戸(タ)→姫路貨物→吹田貨物ターミナル間で走行確認試運転を行いました。EF210...

【JR貨】EF210-336甲種輸送ならびに試運転(川崎重工最後の出場)

2021年9月28日、兵庫川崎重工業で製造されたEF210-336が兵庫→神戸(タ)間で甲種輸送されました。 岡山機関区所属のDE10-1561が牽引し、その後、EF210-336は神戸(タ)→姫路貨物→吹田貨物ターミナル間で走行確認試運転を行いました。EF210-336は吹田機関区所属になります。なお、川崎重工業車両カンパニーは10月1日より川崎車両株式会社に会社分割されることから、川崎重工最後の出場となる見込みです。

一番下へ移動する

コメント

承認済みのコメントはありません。

なお、審査末完了のコメントがあっても、ここには掲載されません。投稿後審査には数日程度かかります。

コメントを書き込む

ログインするとハンドルネーム、メールアドレスの入力が不要になります。ログイン


鉄道ニュース




ニュース移動