あこうさん撮影 2021年7月1日に、松山運転所所属のキハ32-5が全検を終え出場試運転を行いました。なお、キハ32-5には愛媛県鬼北町のPRラッピングが施され「鬼列車」として約2年間運行予定となっています。予土線の沿線にあたる鬼北町は、全国の地方公...

【JR四】キハ32-5「鬼列車」全検出場試運転

2021年7月1日に、松山運転所所属のキハ32-5が全検を終え出場試運転を行いました。なお、キハ32-5には愛媛県鬼北町のPRラッピングが施され「鬼列車」として約2年間運行予定となっています。予土線の沿線にあたる鬼北町は、全国の地方公共団体では唯一となる「鬼」の文字が入る自治体で、2013年度から「鬼のまちづくり」を実施しており、予土線の利用促進を図るため、「鬼」のラッピング列車を運行する形になります。



一番下へ移動する

コメント

承認済みのコメントはありません。

なお、審査末完了のコメントがあっても、ここには掲載されません。投稿後審査には数日程度かかります。

コメントを書き込む

ログインするとハンドルネーム、メールアドレスの入力が不要になります。ログイン