ukさん撮影 2021年4月3日より、阪急西宮車庫所属の8000系8042F+7000系7001Fが神戸線の運用に復帰しています。
同編成は同年3月5日に正雀車庫から西宮車庫に返却回送されており、西宮車庫の留置線で休車となっていました。
先頭2両の8042Fはシン...

【阪急】8000系8042F+7000系7001Fが神戸線運用に復帰

2021年4月3日より、阪急西宮車庫所属の8000系8042F+7000系7001Fが神戸線の運用に復帰しています。 同編成は同年3月5日に正雀車庫から西宮車庫に返却回送されており、西宮車庫の留置線で休車となっていました。 先頭2両の8042Fはシングルアームパンタグラフを搭載していて、床下機器やクーラーキセ、方向幕、窓ガラスが更新されているのに対して後方6両の7001Fはクーラーキセのみの更新のため、非常に特異な編成となっています。



〜参考リンク〜
【阪急】8000系8042F+7000系7001Fが連結して試運転
【阪急】8000系8042F試運転
【阪急】8000系8042Fおよび7000系7001Fが正雀工場へ

【阪急】8000系8042F+7000系7001Fが神戸線運用に復帰
西宮車庫へ返却後、多言語自動放送装置設置工事及び試験を行った後、2021年4月3日の阪急神戸線に於いて車内自動放送運用開始と合わせて運用復帰した8042F+7001Fの8連です。
 キイロイトリ
【阪急】8000系8042F+7000系7001Fが神戸線運用に復帰
2021年4月3日に運用復帰した8042F+7001Fの8連です。
 キイロイトリ

コメント

山下晴広
2021年4月14日18時01分
4月3日に神戸三宮で偶然8042fに乗りました。 急行大阪梅田行きでした。 多言語自動放送も他編成にも普及していくんでしょうね。

コメントを書き込む

ログインすると名前、メールアドレスの入力が不要になります。ログイン