Naotoさん撮影 2021年1月30日に、唐津車両センター所属の303系K01編成が、小倉総合車両センターから出場し、配給輸送されました。牽引機はDE10-1195で、同編成は更新工事を実施したようです。

【JR九】303系K01編成小倉総合車両センター出場配給

2021年1月30日に、唐津車両センター所属の303系K01編成が、小倉総合車両センターから出場し、配給輸送されました。牽引機はDE10-1195で、同編成は更新工事を実施したようです。


一番下へ移動する

コメント

しっと団員
2021年2月2日3時44分
この編成はパンタグラフ損傷(パンタグラフを留めるボルトの取り付けが不十分?)で壊れて小倉工場に入場した編成では? 303系(と305系)は普段の全般検査、重要部検査は小倉工場ではないので (303系のトイレ設置も書類上は小倉工場だけど実際は違う)
しっと団員
2021年2月2日3時44分
追記 修理と合わせて更新工事をしたという認識でよろしいでしょうか?
Naoto
2021年2月2日15時42分
返信遅れました。 その通りでございます。 原因はボルトではなくパンタヘの配線が逆になっていた模様です。 修理に合わせて更新工事も行われました。 普段は要検、全検、車輪転削含めJR九州が委託して姪浜にあるJR九州エンジニアリングが行っております
しっと団員
2021年2月3日2時21分
こちらこそ、パンタ配線の件でのご指摘ありがとうございます。K03編成の更新工事はホームドア対応や近い将来のJR線内ワンマン化対応みたいですね。

コメントを書き込む

ログインするとハンドルネーム、メールアドレスの入力が不要になります。ログイン