てつをさん撮影 2020年1月17日から18日にかけて、日立製作所笠戸事業所で製造された17000系17101Fの甲種輸送が、下松→綾瀬間で行われました。牽引機はEF210-153でした。17000系は有楽町線・副都心線などで運用されている7000系を置き換える車両で、
...

【メトロ】有楽町線・副都心線新型車両の17000系17101F甲種輸送

2020年1月17日から18日にかけて、日立製作所笠戸事業所で製造された17000系17101Fの甲種輸送が、下松→綾瀬間で行われました。牽引機はEF210-153でした。17000系は有楽町線・副都心線などで運用されている7000系を置き換える車両で、 2020年度中に営業運転を開始予定です。

17000系は21編成180両(置き換え対象の7000系は10両編成が6本、8両編成が15本で一致しており、同じ両数、編成数となります。)が投入予定で、2022年度までに導入されます。

永久磁石同期電動機(PMSM)とシリコンカーバイド(SiC)素子を利用した制御装置を搭載し省エネルギー性の高い車両となっているほか、「TIMAシステム(車両情報監視・分析システム)」を導入し、遠隔で車両の状態をモニタリングします。また監視カメラについても車内に設置されています。

また車内に関しても、有楽町線・副都心線ラインカラーに合わせたカラーリングでデザインし、荷物だなや連結面には強化ガラスを用いることで見通しが広いデザインとなっています。



〜参考リンク〜
関連プレスリリース


【メトロ】有楽町線・副都心線新型車両の17000系17101F甲種輸送
車端上部にフリースペースの位置が分かりやすいサインが掲示されています。
 コロン

コメント

承認済みのコメントはありません。

なお、審査末完了のコメントがあっても、ここには掲載されません。投稿後審査には数日程度かかります。

コメントを書き込む

ログインするとハンドルネーム、メールアドレスの入力が不要になります。ログイン