各駅停車さん撮影。南海7100系7195F(7195編成)(住ノ江検車区所属)の編成データ、編成表、ニュース、写真について公開しています。

南海7100系7195F
(7195編成)のデータ

南海7100系7195F
(7195編成)の編成データ

データ
形式 7100系
編成名 7195F
別名 7195編成
所属 住ノ江検車区
両数 2両編成
使用路線 南海本線、南海空港線、南海多奈川線、南海加太線、南海和歌山港線
備考 めでたいでんしゃ「かしら」
所属会社 南海電気鉄道
形式解説 南海7100系は、1969年に登場した7000系のマイナーチェンジ車です。制御方式はバーニア抵抗制御で、車体は普通鋼製です。
更新日 2021年10月6日
情報提供者 isara
最終情報追加者 Nanohana

南海7100系7195F
(7195編成)の編成表

←難波方
 和歌山市、関西空港方→
71957969

スマートフォンなど小さい画面では表をスクロール出来ます。

南海7100系7195F
(7195編成)
の鉄道ニュース(Topics)

南海7100系7195F
(7195編成)の写真

掲載できる写真はありません。

なお、審査末完了の写真がある場合、ここには掲載されません。投稿後審査には最大2週間程度かかります。


南海の編成表へ戻る