JR東日本秋田車両センターの編成表(秋田車両センター所属)の編成データ、編成表、ニュース、写真について公開しています。2020年8月11日 17時52分最終更新

JR東日本秋田車両センターの編成表

JR東日本秋田車両センターの編成表の編成表、編成データ、ニュース、写真について公開しています。間違いありましたらコメント欄から連絡ください。


所属基地別の編成データ

秋田車両センター 

秋田車両センターの編成表

E751系

E751系は、1999年に登場し2000年に営業運転を開始した交流専用の特急型電車です。元々「スーパーはつかり」用に登場し、E653系をベースに登場しました。車体はアルミニウム合金製で、制御方式はIGBT素子のVVVFインバータ制御です。東北新幹線の新青森延伸に合わせて青森~秋田間の特急「つがる」に転用され、秋田車両センターへ転属しました。

←秋田方
 青森方→
編成名編成別名備考1号車2号車3号車4号車
A101編成 クロハE750-1モハE751-101モハE750-101クハE751-1
A102編成 クロハE750-2モハE751-102モハE750-102クハE751-2
A103編成 クロハE750-3モハE751-103モハE750-103クハE751-3

スマートフォンなど小さい画面では表をスクロール出来ます。

編成表トップへ戻る

キハ48形

キハ48形は1977年に登場した両運転台形の液体式ディーゼルカーです。ドアは片開き式で、車体は普通鋼製です。JR東日本の車両は機関がカミンズ製でDMF14HZに換装されています。秋田車両センターには五能線色、男鹿線色、首都圏色の一般車およびリゾートしらかみくまげら編成および元リゾートしらかみの改造車が存在しています。

CRUISING TRAIN

←弘前方
 秋田方→
編成名編成別名備考
CRUISING TRAINCRUISING TRAIN キハ48-533キハ48-540

スマートフォンなど小さい画面では表をスクロール出来ます。

1両編成

←弘前方
 秋田方→
編成名編成別名備考
キハ48-505首都圏色 キハ48-505
キハ48-506五能線色 キハ48-506
キハ48-507男鹿線色 キハ48-507
キハ48-508男鹿線色 キハ48-508
キハ48-515男鹿線色 キハ48-515
キハ48-516男鹿線色 キハ48-516
キハ48-517五能線色 キハ48-517
キハ48-518五能線色 キハ48-518
キハ48-519五能線色 キハ48-519
キハ48-520五能線色 キハ48-520
キハ48-522五能線色 キハ48-522
キハ48-537男鹿線色 キハ48-537
キハ48-544首都圏色 キハ48-544
キハ48-1502男鹿線色 キハ48-1502
キハ48-1504五能線色 キハ48-1504
キハ48-1507男鹿線色 キハ48-1507
キハ48-1509五能線色 キハ48-1509
キハ48-1520首都圏色 キハ48-1520
キハ48-1522五能線色 キハ48-1522
キハ48-1539男鹿線色 キハ48-1539
キハ48-1540五能線色 キハ48-1540
キハ48-1550五能線色 キハ48-1550

スマートフォンなど小さい画面では表をスクロール出来ます。

リゾートしらかみ

←弘前方
 秋田方→
編成名編成別名備考4号車3号車2号車1号車
リゾートしらかみくまげら編成リゾートしらかみくまげら編成 キハ48-704キハ48-1503キハ48-1521キハ48-703

スマートフォンなど小さい画面では表をスクロール出来ます。

秋田クルーズ

←弘前方
 秋田方→
編成名編成別名備考
秋田クルーズ秋田クルーズ キハ48-702キハ48-1543キハ48-1701キハ48-701

スマートフォンなど小さい画面では表をスクロール出来ます。

編成表トップへ戻る

キヤE193系

キヤE193系は、2002年に製造された非電化区間用の検測車両です。液体式ディーゼルカーで、車体はアルミ合金製です。

←上野方
 秋田方→
編成名編成別名備考1号車2号車3号車
East-I DEast-I D キヤE193-1キヤE192-1キクヤE193-1

スマートフォンなど小さい画面では表をスクロール出来ます。

編成表トップへ戻る

EV-E801系

EV-E801系は、2017年に登場した蓄電池駆動電車です。JR九州のBEC819系電車「DENCHA」をベースに50Hz対応や耐寒耐雪仕様を追加し開発されました。愛称は「ACUUM」です。車体はアルミ合金製(A-train)で、制御方式はIGBT素子のVVVFインバータ制御です。電化されていない区間も走行できるようにリチウムイオン電池が多く積まれています。

←男鹿方
 秋田方→
編成名編成別名備考
G1編成 EV-E801-1EV-E800-1

スマートフォンなど小さい画面では表をスクロール出来ます。

編成表トップへ戻る

GV-E400系

GV-E400形気動車は、電気式ディーゼルカーです。車体はステンレス(efACE)、制御方式はSiC素子を用いたVVVF制御となっています。

1両編成

←弘前方
 秋田方→
編成名編成別名備考
GV-E400-9 GV-E400-9

スマートフォンなど小さい画面では表をスクロール出来ます。

2両編成

←弘前方
 秋田方→
編成名編成別名備考
GV-E401-17+GV-E402-17 GV-E401-17GV-E402-17

スマートフォンなど小さい画面では表をスクロール出来ます。

編成表トップへ戻る

701系

701系は、1993年に登場した20m級3ドアの電車で、車体はステンレス製です。制御方式はパワートランジスタによる制御で、更新工事を実施後IGBT素子のVVVFインバータ制御となっています。秋田地区の車両は初期投入の0番台、100番台と、秋田新幹線開業に伴う田沢湖線標準軌化に合わせて投入された標準軌仕様の5000番台が存在しています。

狭軌車両3両編成

←秋田方
 酒田・新庄方→
編成名編成別名備考
N1編成 クモハ701-1サハ701-1クハ700-1
N2編成 クモハ701-2サハ701-2クハ700-2
N3編成 クモハ701-3サハ701-3クハ700-3
N4編成 クモハ701-4サハ701-4クハ700-4
N5編成 クモハ701-5サハ701-5クハ700-5
N6編成 クモハ701-6サハ701-6クハ700-6
N7編成 クモハ701-7サハ701-7クハ700-7
N8編成 クモハ701-8サハ701-8クハ700-8
N9編成 クモハ701-9サハ701-9クハ700-9
N10編成 クモハ701-10サハ701-10クハ700-10
N11編成 クモハ701-11サハ701-11クハ700-11
N12編成 クモハ701-12サハ701-12クハ700-12
N13編成 クモハ701-13サハ701-13クハ700-13
N101編成 クモハ701-101サハ701-101クハ700-101

スマートフォンなど小さい画面では表をスクロール出来ます。

狭軌車両2両編成

←秋田方
 酒田・新庄方→
編成名編成別名備考
N14編成 クモハ701-14クハ700-14
N15編成 クモハ701-15クハ700-15
N16編成 クモハ701-16クハ700-16
N17編成 クモハ701-17クハ700-17
N18編成 クモハ701-18クハ700-18
N19編成 クモハ701-19クハ700-19
N20編成 クモハ701-20クハ700-20
N21編成 クモハ701-21クハ700-21
N22編成 クモハ701-22クハ700-22
N23編成 クモハ701-23クハ700-23
N24編成 クモハ701-24クハ700-24
N25編成 クモハ701-25クハ700-25
N26編成 クモハ701-26クハ700-26
N27編成 クモハ701-27クハ700-27
N28編成 クモハ701-28クハ700-28
N29編成 クモハ701-29クハ700-29
N30編成 クモハ701-30クハ700-30
N31編成 クモハ701-31クハ700-31
N32編成 クモハ701-32クハ700-32
N33編成 クモハ701-33クハ700-33
N34編成 クモハ701-34クハ700-34
N35編成 クモハ701-35クハ700-35
N36編成 クモハ701-36クハ700-36
N37編成 クモハ701-37クハ700-37
N38編成 クモハ701-38クハ700-38
N102編成 クモハ701-102クハ700-102
N103編成 クモハ701-103クハ700-103
N104編成 クモハ701-104クハ700-104

スマートフォンなど小さい画面では表をスクロール出来ます。

標準軌車両

←盛岡・秋田方
 大曲方→
編成名編成別名備考
N5001編成 クモハ701-5001クハ700-5001
N5002編成 クモハ701-5002クハ700-5002
N5003編成 クモハ701-5003クハ700-5003
N5004編成 クモハ701-5004クハ700-5004
N5005編成 クモハ701-5005クハ700-5005
N5006編成 クモハ701-5006クハ700-5006
N5007編成 クモハ701-5007クハ700-5007
N5008編成 クモハ701-5008クハ700-5008
N5009編成 クモハ701-5009クハ700-5009
N5010編成 クモハ701-5010クハ700-5010

スマートフォンなど小さい画面では表をスクロール出来ます。

編成表トップへ戻る

E6系

E6系は、2010年に量産先行車が登場し、2013年に営業運転を開始した形式です。車体はアルミニウム製で、制御方式はIGBT素子のVVVFインバータ制御です。最高速度は新幹線区間が320km/h、在来線区間が130km/hとなっており、先頭車はアローラインの形状でノーズは13mと長くなっています。車体傾斜装置が搭載されており曲線通過速度が向上しています。

←東京・秋田方
 大曲方→
編成名編成別名備考
Z1編成 E611-1E628-1E625-1E625-101E627-1E629-1E621-1
Z2編成 E611-2E628-2E625-2E625-102E627-2E629-2E621-2
Z3編成 E611-3E628-3E625-3E625-103E627-3E629-3E621-3
Z4編成 E611-4E628-4E625-4E625-104E627-4E629-4E621-4
Z5編成 E611-5E628-5E625-5E625-105E627-5E629-5E621-5
Z6編成 E611-6E628-6E625-6E625-106E627-6E629-6E621-6
Z7編成 E611-7E628-7E625-7E625-107E627-7E629-7E621-7
Z8編成 E611-8E628-8E625-8E625-108E627-8E629-8E621-8
Z9編成 E611-9E628-9E625-9E625-109E627-9E629-9E621-9
Z10編成 E611-10E628-10E625-10E625-110E627-10E629-10E621-10
Z11編成 E611-11E628-11E625-11E625-111E627-11E629-11E621-11
Z12編成 E611-12E628-12E625-12E625-112E627-12E629-12E621-12
Z13編成 E611-13E628-13E625-13E625-113E627-13E629-13E621-13
Z14編成 E611-14E628-14E625-14E625-114E627-14E629-14E621-14
Z15編成 E611-15E628-15E625-15E625-115E627-15E629-15E621-15
Z16編成 E611-16E628-16E625-16E625-116E627-16E629-16E621-16
Z17編成 E611-17E628-17E625-17E625-117E627-17E629-17E621-17
Z18編成 E611-18E628-18E625-18E625-118E627-18E629-18E621-18
Z19編成 E611-19E628-19E625-19E625-119E627-19E629-19E621-19
Z20編成 E611-20E628-20E625-20E625-120E627-20E629-20E621-20
Z21編成 E611-21E628-21E625-21E625-121E627-21E629-21E621-21
Z22編成 E611-22E628-22E625-22E625-122E627-22E629-22E621-22
Z23編成 E611-23E628-23E625-23E625-123E627-23E629-23E621-23
Z24編成 E611-24E628-24E625-24E625-124E627-24E629-24E621-24

スマートフォンなど小さい画面では表をスクロール出来ます。

編成表トップへ戻る

キハ40形

キハ40形は1977年に登場した両運転台形の液体式ディーゼルカーです。車体は普通鋼製です。JR東日本の車両は機関がカミンズ製でDMF14HZに換装されています。秋田車両センターには五能線色、男鹿線色、首都圏色の一般車が存在しています。

←弘前方
 秋田方→
編成名編成別名備考
キハ40-521男鹿線色 キハ40-521
キハ40-522首都圏色 キハ40-522
キハ40-523五能線色 キハ40-523
キハ40-527五能線色 キハ40-527
キハ40-528男鹿線色 キハ40-528
キハ40-529男鹿線色 キハ40-529
キハ40-530男鹿線色 キハ40-530
キハ40-531五能線色 キハ40-531
キハ40-532男鹿線色 キハ40-532
キハ40-533男鹿線色 キハ40-533
キハ40-535五能線色 キハ40-535
キハ40-536男鹿線色 キハ40-536
キハ40-537男鹿線色 キハ40-537
キハ40-541男鹿線色 キハ40-541
キハ40-543男鹿線色 キハ40-543
キハ40-544男鹿線色 キハ40-544
キハ40-546五能線色 キハ40-546
キハ40-547男鹿線色 キハ40-547
キハ40-553五能線色 キハ40-553
キハ40-569男鹿線色 キハ40-569
キハ40-570男鹿線色 キハ40-570
キハ40-574五能線色 キハ40-574
キハ40-575男鹿線色 キハ40-575
キハ40-594男鹿線色 キハ40-594
キハ40-1006首都圏色 キハ40-1006
キハ40-2018首都圏色 キハ40-2018
キハ40-2019男鹿線色 キハ40-2019
キハ40-2088男鹿線色 キハ40-2088
キハ40-2089男鹿線色 キハ40-2089

スマートフォンなど小さい画面では表をスクロール出来ます。

編成表トップへ戻る

583系

583系は、1967年に運用開始された交直流両用かつ昼夜兼用の特急型寝台電車です。現在は1両のみ車籍が残っています。

←弘前方
 秋田方→
編成名編成別名備考
クハネ583-17 クハネ583-17

スマートフォンなど小さい画面では表をスクロール出来ます。

編成表トップへ戻る

HB-E300系

HB-E300系は、2010年に登場したハイブリッド気動車(電気式気動車)です。車体はステンレスで、エンジンにて発電した電気をVVVFインバータにて制御して駆動されます。秋田車両センターのHB-E300系は、「リゾートしらかみ青池編成」「リゾートしらかみ橅編成」が存在しています。

←弘前方
 秋田方→
編成名編成別名備考4号車3号車2号車1号車
リゾートしらかみ青池編成リゾートしらかみ青池編成 HB-E302-1HB-E300-1HB-E300-101HB-E301-1
リゾートしらかみ橅編成リゾートしらかみ橅編成 HB-E302-5HB-E300-5HB-E300-105HB-E301-5

スマートフォンなど小さい画面では表をスクロール出来ます。

編成表トップへ戻る

コメント

承認済みのコメントはありません。

なお、審査末完了のコメントがあっても、ここには掲載されません。投稿後審査には数日程度かかります。

コメントを書き込む

ログインすると名前、メールアドレスの入力が不要になります。ログイン

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.
2020年8月11日 17時52分最終更新