seriesEF200さん撮影 2022年8月29日から30日にかけて、新鶴見機関区所属となるEF210-345が、川崎重工から出場し新鶴見まで甲種輸送されています。 牽引機は、吹田貨物ターミナルまでは、DD200-11、吹田貨物ターミナルからはEF65−2067でした。

【JR貨】EF210-345出場甲種輸送

2022年8月29日から30日にかけて、新鶴見機関区所属となるEF210-345が、川崎重工から出場し新鶴見まで甲種輸送されています。 牽引機は、吹田貨物ターミナルまでは、DD200-11、吹田貨物ターミナルからはEF65−2067でした。

一番下へ移動する

コメント

承認済みのコメントはありません。

なお、審査末完了のコメントがあっても、ここには掲載されません。投稿後審査には数日程度かかります。

コメントを書き込む

ログインするとハンドルネーム、メールアドレスの入力が不要になります。ログイン
公序良俗に反するコメントは掲載されません。悪質なケースは出入り禁止とさせていただきます。


鉄道ニュース




ニュース移動