Yudai 🍵さん撮影 2022年8月11日の南紀1号にて、キハ85系の先頭車が3両連なるトリプルヘッダー編成が実現しました。お盆期間の増結にて6両編成となりましたが、先頭3両が先頭車となったことから実現しました。編成は、キハ85-4+キハ85-208+キハ85-1111+...

【JR海】お盆期間中の増結にて南紀でもトリプルヘッダー編成が出現

2022年8月11日の南紀1号にて、キハ85系の先頭車が3両連なるトリプルヘッダー編成が実現しました。お盆期間の増結にて6両編成となりましたが、先頭3両が先頭車となったことから実現しました。編成は、キハ85-4+キハ85-208+キハ85-1111+キハ84-205+キハ84-204+キハ85-14でした。キハ85系は中間車が先行して廃車となっていることから、このような編成は出現しやすくなっています。

一番下へ移動する

コメント

承認済みのコメントはありません。

なお、審査末完了のコメントがあっても、ここには掲載されません。投稿後審査には数日程度かかります。

コメントを書き込む

ログインするとハンドルネーム、メールアドレスの入力が不要になります。ログイン


鉄道ニュース




ニュース移動