たいちょさん撮影 2022年2月25日に、619-620編成が錦織工場を出場し、近江神宮前-坂本比叡山口にて出場試運転を行いました。
この車両は京阪グループの『叡山ケーブル』や『江若交通』等で既に運行されている『比叡山・びわ湖&山と水と光の廻廊&統一...

【京阪】『比叡山・びわ湖<山と水と光の廻廊>統一デザイン車両』出場試運転

2022年2月25日に、619-620編成が錦織工場を出場し、近江神宮前-坂本比叡山口にて出場試運転を行いました。 この車両は京阪グループの『叡山ケーブル』や『江若交通』等で既に運行されている『比叡山・びわ湖&山と水と光の廻廊&統一デザイン車両』として出場しました。 外装はラッピングではなく塗装で、車両側面には『びわ湖の水面の揺らぎ』が描かれています。また、内装もオリジナルのモケットに交換されているようです。

【京阪】『比叡山・びわ湖<山と水と光の廻廊>統一デザイン車両』出場試運転
正面は『光の廻廊』をイメージした金色の環を配したデザインとなっており、連結器や排障器も金色に塗装されていました。
 たいちょ
一番下へ移動する

コメント

承認済みのコメントはありません。

なお、審査末完了のコメントがあっても、ここには掲載されません。投稿後審査には数日程度かかります。

コメントを書き込む

ログインするとハンドルネーム、メールアドレスの入力が不要になります。ログイン


鉄道ニュース




ニュース移動