タッキーパパさん撮影 2021年2月18日から19日にかけて、藍よしのがわトロッコ(キクハ32-501+キハ185-20)が、京都鉄道博物館へ配給輸送されました。今回の配給輸送の目的としては「藍よしのがわトロッコ」を2月20日~3月16日に京都鉄道博物館で特別展示する...

【JR四】藍よしのがわトロッコ京都鉄道博物館展示回送

2021年2月18日から19日にかけて、藍よしのがわトロッコ(キクハ32-501+キハ185-20)が、京都鉄道博物館へ配給輸送されました。

今回の配給輸送の目的としては「藍よしのがわトロッコ」を2月20日~3月16日に京都鉄道博物館で特別展示するためとなります。

牽引機はEF65-1132でした。



〜参考リンク〜
【JR四】藍よしのがわトロッコ京都鉄道博物館展示


【JR四】藍よしのがわトロッコ京都鉄道博物館展示回送
京都鉄道博物館への入場は、梅小路運転区所属のDE10-1156号機による牽引で実施されました。
 キイロイトリ
【JR四】藍よしのがわトロッコ京都鉄道博物館展示回送
京都タワーバックに、通常嵯峨野観光鉄道(嵯峨野トロッコ)などで使用される、梅小路運転区所属のDE10-1156号機に牽引されて入場中の『藍よしのがわトロッコ』です。
 キイロイトリ
【JR四】藍よしのがわトロッコ京都鉄道博物館展示回送
特別展示の為、展示エリアの車両工場へと入庫中の『藍よしのがわトロッコ』です。今回は、京都鉄道博物館のホームページでも入線予告されていた為、当日館内アナウンスで入線時刻も14時頃と告知されました。
 キイロイトリ

コメント

承認済みのコメントはありません。

なお、審査末完了のコメントがあっても、ここには掲載されません。投稿後審査には数日程度かかります。

コメントを書き込む

ログインすると名前、メールアドレスの入力が不要になります。ログイン

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

アイコン