Nanohanaさん撮影 2016年10月20日に、台湾鉄路管理局ではダイヤ改正が行われ、低乗車率の列車86本の削減などが実施されました。同ダイヤ改正より、EMU300およびEMU1200の運用が縮小されました。EMU300は、109次(月曜~土曜運転基隆→彰化間)/119次(日...

【台鐵】10月20日ダイヤ改正に伴う運用動向

2016年10月20日に、台湾鉄路管理局ではダイヤ改正が行われ、低乗車率の列車86本の削減などが実施されました。同ダイヤ改正より、EMU300およびEMU1200の運用が縮小されました。EMU300は、109次(月曜~土曜運転基隆→彰化間)/119次(日曜運転七堵→斗南間)/126次(日曜運転斗南→基隆間)/124次(金曜運転彰化→基隆間)/130次(金曜/日曜以外運転彰化→基隆間)の運転に、EMU1200は、167次(彰化→潮州間)/168次(潮州→彰化間)の運転に縮小されています。また、西部幹線では海線経由での復興号が復活しました。

【台鐵】10月20日ダイヤ改正に伴う運用動向
EMU1200を使用した167次。なお、10月31日(月)の167次はE1000が代走していた。(詳細不明)

【台鐵】10月20日ダイヤ改正に伴う運用動向
EMU300を使用した119次。10月30日には保線工事?の影響で逆線走行を行っていた。
一番下へ移動する

コメント

承認済みのコメントはありません。

なお、審査末完了のコメントがあっても、ここには掲載されません。投稿後審査には数日程度かかります。

コメントを書き込む

ログインするとハンドルネーム、メールアドレスの入力が不要になります。ログイン