ヘップバーンさん撮影。東武200系206F(206編成)(南栗橋車両管区館林出張所所属)の編成データ、編成表、ニュース、写真について公開しています。

東武200系206F
(206編成)のデータ

東武200系206F
(206編成)の編成データ

データ
形式 200系
編成名 206F
別名 206編成
所属 南栗橋車両管区館林出張所
両数 6両編成
使用路線 東武スカイツリーライン、東武伊勢崎線、東武桐生線、東武佐野線
所属会社 東武鉄道
形式解説 東武200系は、1990年から1998年にかけて製造された特急電車で、1700系・1720系を車体更新し作られた車両で、車体は鋼製、制御方式は界磁添加励磁制御です。車体はジャスミンホワイトにローズレッドの帯が入るデザインで、座席は回転式クロスシートが設置されています。
更新日 2020年5月2日
情報提供者 isara

東武200系206F
(206編成)の編成表

←浅草方
 伊勢崎、赤城、葛生方→
6号車5号車4号車3号車2号車1号車
206-1206-2206-3206-4206-5206-6

スマートフォンなど小さい画面では表をスクロール出来ます。

東武200系206F
(206編成)
の鉄道ニュース(Topics)

東武200系206F
(206編成)の写真

撮影者:ヘップバーン
撮影地:堀切~鐘ケ淵間

東武の編成表へ戻る