JR東日本山形新幹線車両センターの編成表(山形新幹線車両センター所属)の編成データ、編成表、ニュース、写真について公開しています。2020年8月04日 13時09分最終更新

JR東日本山形新幹線車両センターの編成表

JR東日本山形新幹線車両センターの編成表の編成表、編成データ、ニュース、写真について公開しています。間違いありましたらコメント欄から連絡ください。


所属基地別の編成データ

山形新幹線車両センター 

山形新幹線車両センターの編成表

E3系

E3系は、1995年に量産先行車が登場し、1997年に営業運転を開始した形式です。山形新幹線のE3系は、新庄延長開業の1999年に登場した1000番台と、2008年にデビューした400系置き換え用の2000番台と、とれいゆ用の700番台が存在します。1000番台については、直接新車として導入された車両と、秋田新幹線用の0番台を改造した車両があり、現存しているのは直接新車として2005年に増備された編成と0番台から転用された車両となっています。2000番台については、当初より最高速度が275km/hになっていることや前照灯の形状が異なっています。制御方式は現存している車両は番台を問わずIGBT素子のVVVFインバータ制御となっています。

7両編成

←東京方
 山形・新庄方→
編成名編成別名備考
L53編成 E311-1003E326-1003E329-1003E326-1103E328-1003E325-1003E322-1003
L54編成 E311-1004E326-1004E329-1004E326-1104E328-1004E325-1004E322-1004
L55編成 E311-1005E326-1005E329-1005E326-1105E328-1005E325-1005E322-1005
L61編成 E311-2001E326-2001E329-2001E326-2101E328-2001E325-2001E322-2001
L62編成 E311-2002E326-2002E329-2002E326-2102E328-2002E325-2002E322-2002
L63編成 E311-2003E326-2003E329-2003E326-2103E328-2003E325-2003E322-2003
L64編成 E311-2004E326-2004E329-2004E326-2104E328-2004E325-2004E322-2004
L65編成 E311-2005E326-2005E329-2005E326-2105E328-2005E325-2005E322-2005
L66編成 E311-2006E326-2006E329-2006E326-2106E328-2006E325-2006E322-2006
L67編成 E311-2007E326-2007E329-2007E326-2107E328-2007E325-2007E322-2007
L68編成 E311-2008E326-2008E329-2008E326-2108E328-2008E325-2008E322-2008
L69編成 E311-2009E326-2009E329-2009E326-2109E328-2009E325-2009E322-2009
L70編成 E311-2010E326-2010E329-2010E326-2110E328-2010E325-2010E322-2010
L71編成 E311-2011E326-2011E329-2011E326-2111E328-2011E325-2011E322-2011
L72編成 E311-2012E326-2012E329-2012E326-2112E328-2012E325-2012E322-2012

スマートフォンなど小さい画面では表をスクロール出来ます。

6両編成

←東京方
 山形・新庄方→
編成名編成別名備考
R18編成とれいゆ E321-701E326-701E329-701E328-701E325-701E322-701

スマートフォンなど小さい画面では表をスクロール出来ます。

編成表トップへ戻る

719系

719系5000番台は、1991年に登場した20m級3ドアの電車で、車体はステンレス製です。制御方式はサイリスタ位相制御です。5000番台の特徴は軌間が1435mmとなっている点となります。

←新庄・山形方
 福島方→
編成名編成別名備考
Y1編成 クモハ719-5001クハ718-5001
Y2編成 クモハ719-5002クハ718-5002
Y3編成 クモハ719-5003クハ718-5003
Y4編成 クモハ719-5004クハ718-5004
Y5編成 クモハ719-5005クハ718-5005
Y6編成 クモハ719-5006クハ718-5006
Y7編成 クモハ719-5007クハ718-5007
Y8編成 クモハ719-5008クハ718-5008
Y9編成 クモハ719-5009クハ718-5009
Y10編成 クモハ719-5010クハ718-5010
Y11編成 クモハ719-5011クハ718-5011
Y12編成 クモハ719-5012クハ718-5012

スマートフォンなど小さい画面では表をスクロール出来ます。

編成表トップへ戻る

701系

701系5500番台は、1999年に登場した20m級3ドアの電車で、車体はステンレス製です。制御方式はパワートランジスタによる制御で、更新工事を実施後IGBT素子のVVVFインバータ制御となっています。5500番台の特徴は軌間が1435mmとなっている点となります。

←新庄・山形方
 福島方→
編成名編成別名備考
Z1編成 クモハ701-5501クハ700-5501
Z2編成 クモハ701-5502クハ700-5502
Z3編成 クモハ701-5503クハ700-5503
Z4編成 クモハ701-5504クハ700-5504
Z5編成 クモハ701-5505クハ700-5505
Z6編成 クモハ701-5506クハ700-5506
Z7編成 クモハ701-5507クハ700-5507
Z8編成 クモハ701-5508クハ700-5508
Z9編成 クモハ701-5509クハ700-5509

スマートフォンなど小さい画面では表をスクロール出来ます。

編成表トップへ戻る

キハ101形

キハ101形は1993年以降に製造された液体式ディーゼルカーで、キハ100系のオールロングシート版となっています。全長はキハ100形より伸ばされ、17mとなっています。

←山形方
 左沢方→
編成名編成別名備考
キハ101-1 キハ101-1
キハ101-2 キハ101-2
キハ101-3 キハ101-3
キハ101-4 キハ101-4
キハ101-5 キハ101-5
キハ101-6 キハ101-6
キハ101-7 キハ101-7
キハ101-8 キハ101-8
キハ101-9 キハ101-9
キハ101-10 キハ101-10
キハ101-11 キハ101-11
キハ101-12 キハ101-12
キハ101-13 キハ101-13

スマートフォンなど小さい画面では表をスクロール出来ます。

編成表トップへ戻る

コメント

承認済みのコメントはありません。

なお、審査末完了のコメントがあっても、ここには掲載されません。投稿後審査には数日程度かかります。

コメントを書き込む

ログインすると名前、メールアドレスの入力が不要になります。ログイン

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.
2020年8月04日 13時09分最終更新