東急電鉄は、2023年3月に開業予定の東急新横浜線(新横浜~日吉間)の運行計画概要を発表しました。運行計画の概要は以下の通りです。【運行計画のポイント】新横浜~日吉間の開通によって東急線内から東海道新幹線へのアクセス強化を図...
【東急】「2023年3月開業予定東急新横浜線の運行計画」を発表

東急電鉄は、2023年3月に開業予定の東急新横浜線(新横浜~日吉間)の運行計画概要を発表しました。運行計画の概要は以下の通りです。
【運行計画のポイント】
新横浜~日吉間の開通によって東急線内から東海道新幹線へのアクセス強化を図ります。
東急新横浜線を走行する全列車が東横線または目黒線と直通します。
東急新横浜線から東横線へ直通する列車はすべて急行で運行、目黒線へ直通する列車は急行、各停で運行します。
東急新横浜線内の全列車が新横浜駅、新綱島駅に停車します。
【平日朝ラッシュ時(7〜8時台)の上りダイヤ】
東急新横浜線は、1時間あたり最大16本の列車を運行します。そのうち4本が東横線へ直通し、12本が目黒線へ直通します。目黒線へ直通する12本のうち最大5本は新横浜駅始発となります。
東横線は、菊名駅始発の各停(1時間あたり4本)を、東急新横浜線と直通する急行へ変更します。
目黒線は、急行の各停追い越し駅を奥沢駅へ変更し急行の日吉駅~目黒駅間の所要時間を2分短縮します。奥沢駅、武蔵小山駅の両方で各停を追い越すことで日吉駅~目黒駅間の所要時間を最大で5分短縮(22分→17分)する急行を6本設定します。
【日中時間帯の上りダイヤ】
東急新横浜線は、1時間のうち2本が東横線へ直通し、4本が目黒線へ直通します。
目黒線へ直通する4本のうち2本は新横浜駅始発になります。

公式リリース

2023年3月開業(予定)東急新横浜線の運行計画の概要について

イメージ画像 Photo: 特急ソニック0号

記事作成者:白猫 間違い指摘 

 2nd-train トップへ 
ニュース情報