logotitle
【阪急】宝塚線ラッピング列車『宝夢』運行開始
【阪急】宝塚線ラッピング列車『宝夢』運行開始
『宝夢・YUME』の愛称が決まった、1000系の1003F。
 キイロイトリ

2016年3月27日より、『宝塚線の魅力を伝えるラッピング列車』という名前で走っていた手塚治虫氏の名アニキャラクターが描かれてたラッピング列車に、、『宝夢・YUME』という愛称がつけられ、ヘッドマークの掲出が開始されました。同列車は2015年11月1日から運転されていたもので、 去年の終わり頃から愛称の一般公募が行われていました。

(記事更新者:Nanohana)

2016年3月30日22時20分追加


<<【阪急】5300系 5323Fが出場試運転
【JR東】107系R11編成+R12編成 4連で大宮総合車両センター出場>>
ホーム > ニュース > 阪急のニュース > この記事