たかはC@ひろいきさん撮影 2020年1月24日、デト15-16+2100形2101編成の回送列車が久里浜工場まで運行されました。23日に発生した弘明寺駅構内にて発生の人身事故の影響で、久里浜側先頭車の正面ガラスおよびワイパーカバーが損傷し、視界に影響があるため連結さ...

【京急】デト15-16+2100形2101編成で回送が運転

2020年1月24日、デト15-16+2100形2101編成の回送列車が久里浜工場まで運行されました。23日に発生した弘明寺駅構内にて発生の人身事故の影響で、久里浜側先頭車の正面ガラスおよびワイパーカバーが損傷し、視界に影響があるため連結されての回送となった模様です。なお、過去にも2100形2101編成が人身事故に巻き込まれていますが、ワイパーカバーが破損した時には2100ではなく2101と書かれたワイパーカバーの予備品が取り付けられ運行されたことがあります。



コメント

承認済みのコメントはありません。

なお、審査末完了のコメントがあっても、ここには掲載されません。投稿後審査には数日程度かかります。

コメントを書き込む

ログインすると名前、メールアドレスの入力が不要になります。ログイン