logotitle
【関電】トロリーバス運転終了

2018年11月30日、立山黒部アルペンルートを担う「関電トンネルトロリーバス」が運行を終了しました。2019年の運転からは、「電気バス」での運転となります。「関電トンネルトロリーバス」は54年の歴史があり、100形、200形、300形と置き換えられてきましたが、電気バスに置き換えとなります。日本国内のトロリーバスは、立山トンネルトロリーバスを残すのみ。


(記事更新者:Nanohana)

2018年12月1日11時15分追加


間違いを指摘する

この記事は3127回アクセスされています。[2018年12月12日10時51分現在]

<<【JR東】205系M12編成 海外譲渡配給
【JR貨】EF66-27先頭の三重単が実現>>
ホーム > ニュース > 関電のニュース > この記事