logotitle

【JR東】サハ205-45/60解体

東京総合車両センター東エリア地下にて保留車扱いで、留置されていた旧山手電車区所属サハ205-45並びに同-60が3月6日から7日にかけて解体されました。これにより東京総合車両センター所属の205系は消滅しました。


この記事は8238回アクセスされています。[2019年1月23日12時51分現在]

<<【JR東】485系3000番代A6編成 郡山総合車両センター入場
【相鉄】11000系11003F(海老名側5両) モヤ牽引輸送>>
ホーム > ニュース > JR東のニュース > この記事