2023年度以降に順次導入予定の新型車両(227系近郊形直流電車)の車両デザインが決定しました。デザインコンセプトは「豊穏の彩」(ほうおんのいろどり)となりました。「豊穏」とは豊饒と穏和を合わせた新しい言葉で、岡山・備後エリアの...
【JR西】「岡山・備後エリアに導入する新型車両のデザインの決定」を発表

2023年度以降に順次導入予定の新型車両(227系近郊形直流電車)の車両デザインが決定しました。デザインコンセプトは「豊穏の彩」(ほうおんのいろどり)となりました。「豊穏」とは豊饒と穏和を合わせた新しい言葉で、岡山・備後エリアの豊かで穏やかな気候・風土を表現します。地域の花(岡山の桃/福山のバラ/尾道の桜)を現したピンクをシンボルカラーとして太陽の恵みや穏やかさを暖色のグラデーションで表現しています。新型車両の主な特徴として①安全装置・設備の導入(衝撃吸収構造の車体、車両異常挙動検知の装置、先頭車間転落防止ホロの導入、戸挟み検知装置、運転士異常時列車停止装置の導入など)で、安全性を高めます。②バリアフリートイレの導入、車椅子やベビーカー利用のスペースを確保、自動換気機能や自動温度調節による空調の導入などで快適性を高めます。③出入り口付近のスペース拡大や車内ドア上部の情報表示装置による 2 か国語での行き先案内設置などで利便性を高めます。山陽線などへ2両編成と3両編成の計101両導入予定です。

ニュース情報