京都市交通局は、2024年7月19日午後3時46分竹田駅発より地下鉄烏丸線20系第6編成の運行を開始すると発表しました。今回の第6編成は、内装デザインに変更点があります。編成ごとにデザインを変更している標記銘板(事業者・車号)ですが...
【京都市交】「地下鉄烏丸線20系第6編成2024年7月19日運行開始」を発表

京都市交通局は、2024年7月19日午後3時46分竹田駅発より地下鉄烏丸線20系第6編成の運行を開始すると発表しました。今回の第6編成は、内装デザインに変更点があります。編成ごとにデザインを変更している標記銘板(事業者・車号)ですが、第6編成では幸菱の面積を広げて、漆(黒)と金のコントラストを強調したデザインとなっています。「金属工芸」の技法を活用した「釘隠し」も編成ごとにデザインを変更していますが、第6編成では、「京の生き物」をテーマとして、「オオサンショウウオ(清滝川の渓流)」(春)、「鮎(鴨川の友釣り)」(夏)、「鈴虫(鈴虫寺)」(秋)、「ユリカモメ(鴨川デルタ)」(冬)をモチーフとしたデザインになっています。また、客室内の一部の吊手の鞘(さや)は、第6編成からは「植物や自然の風景」をテーマに、「桜」(春)、「清流(せいりゅう)」(夏)、「菊」(秋)、「椿」(冬)とし、これまでより少し明るい色目になっています。車内における京都の伝統産業品の飾り付けですが、第6編成では「京印章」、「京繍」が飾り付けられています。

公式リリース

地下鉄烏丸線20系車両(第6編成)の営業運行の開始

イメージ画像 Photo: 津崎 和徳(K_Tsuzaki21)

記事作成者:白猫 間違い指摘 

 2nd-train トップへ 
ニュース情報