たいやきさん撮影。相鉄10000系10707×8(10707F)(10707編成)(かしわ台車両センター所属)の編成データ、編成表、ニュース、写真について公開しています。

相鉄10000系10707×8
(10707F)(10707編成)のデータ

相鉄10000系10707×8
(10707F)(10707編成)の編成データ

データ
形式 10000系
編成名 10707×8
別名 10707F、10707編成
所属 かしわ台車両センター
両数 8両編成
使用路線 相鉄本線、いずみ野線
所属会社 相模鉄道
形式解説 相鉄10000系は、2002年から2007年にかけて製造された、JR東日本のE231系ベースの電車です。前面デザインを除きE231系と仕様は極力合わせられています。車体はステンレス製で、制御装置はIGBTVVVFインバータ制御となっています。
更新日 2020年4月6日

相鉄10000系10707×8
(10707F)(10707編成)の編成表

1号車2号車3号車4号車5号車6号車7号車8号車
1070710213101131061510616102141011410507

スマートフォンなど小さい画面では表をスクロール出来ます。

相鉄10000系10707×8
(10707F)(10707編成)
の鉄道ニュース(Topics)

    相鉄10000系10707×8
    (10707F)(10707編成)の写真

    撮影者:たいやき
    撮影地:天王町駅
    撮影者:たいやき
    撮影地:さがみ野~相模大塚間
    撮影者:たいやき
    撮影地:鶴ケ峰~二俣川間
    撮影者:たいやき
    撮影地:鶴ケ峰~二俣川間
    撮影者:Nanohana
    撮影地:二俣川~西谷間
    撮影者:なります
    撮影地:鶴ヶ峰~西谷間

    相鉄の編成表へ戻る